エバゴスの商品をご購入頂く前に


eb.a.gos のお品について
商品に使用されている紅籘、レザーなどは天然素材のため、色ムラ、キズなどがある場合がございます。一点ずつ手作業でお作りしておりますため、ゆがみ、サイズのバラつきなどがある場合がございます。また、シーズンによって革の色の出方や質感、硬さなどが変わる場合がありますがすべてエバゴスのもつ独特の味わいとして、お楽しみ頂けましたら幸いです。

お手入れついて
革本来の風合いが変わってしまうため、革用のクリームなどをつけるお手入れをおすすめしておりません。革の変化の風合いをお楽しみ頂くため、自然の状態で保管頂くか、お手入れ頂く場合は乾いた布で乾拭きして頂くことをおすすめしております。お送りさせて頂いた際にお付けしておりました白い布袋に入れて、高温多湿の場所を避けて保管して頂けましたら幸いです。また、革や紅籐は湿気に弱いため、雨の日のご使用はお避け下さいませ。


使用している素材

紅籐
とても強く使うほどに色、艶が変化していきます。
籐には沢山の種類がありますが、
太さがバラバラなところ、色に深みがありムラがあるところ、
とても丈夫なところ、又空洞ではないので24時間水につけて柔らかくするほど
とても硬いためや無骨な形に仕上がるところが気に入って「紅籐」を使っています。
無理な潰れには弱く、湿気を嫌いますのでお気をつけください。
一つ一つ編みこみ、上記のような点などで多少のサイズ違いや形の違いはあります。
又自然の物なので黒いところ赤いところと色々な表情があります。
ぜひ長い間お使い頂きたい素材です。


渋なめし
渋なめし(ベジタブル)は、自然の物でなめしているので自然に戻れる革です。
特徴として水を吸いやすいのですが、その水分が汚れていなければ、乾くと元に戻ります。
表面を摩擦すると艶が出てきますし、日に当たると色が変わってきます。
これは全て渋なめしの特徴で革らしい革と言えます。


ブライドル :牛
乗馬用の革として何百年も作り続けられている革です。
ワックスとグリースを混ぜ合わせたものを塗り込んでいるため、
もともと表面が白っぽくなっておりますが、こちらはワックスのため自然に取れて行くものです。
季節や環境によって粉のふき方が変化します。
(こちらは次第にとれていくものですが、ワックスが気になられる場合は
乾いた布(ガーゼや革用の布など)で拭き取ってからご使用頂くことをおすすめ致します。)
上から吹き付ける塗料を少なくして革の本来の味を重視する作り方を特徴にしているので、
より深い味わいになっていますが、その為にムラや傷が多少見えます。
又、色落ちやワックスがつくことがあります。
しっかりとした丈夫でハリのある質感。

バッグ    財布    


ショルダー :牛
牛のショルダー(首から肩に掛けて)部分のみを扱っている
イタリアの革屋さんのワックス仕上げの物です。渋なめしです。
ワックスは手や衣服に付着することがあります。
又擦れると取れるようになっていますので色の濃淡が出てきます。
お手入れの時磨き上げるとワックスが取れて風合いが変化します。
薄手で手に馴染みやすいやわらかい質感。

財布    


オイルショルダー :牛
オイルをたっぷり含ませたショルダーです。
革本来の味をお楽しみいただくタイプですので、ムラや傷があります。
又、色落ちは、オイルの量が多いのでよりお気をつけ下さい。
時と共に変わっていく渋なめしの革をお楽しみ下さい。
厚手でしっかりとした質感。

バッグ    


シープ : 羊
渋なめしによるシープです。
薄めのものを選び、ニベを付けたままにすることにより、
柔らかさ、凹凸を出しています。
パラフィン加工をしてアイロンを掛けていますので少し艶を出し、色むらを大きくしています。
シープは肌がとても柔らかいので傷が付きやすく味重視の為、
色落ちすることがあります。
シワ感のある薄手でやわらかい質感。

財布


ガラス : 牛
牛革にガラス加工をしたものです。
固めでツルっとした質感。


ポニー : 馬
ポニーを縮絨させ目の詰まった革にしました。
自然な柔らかさと「しぼ」です。
シワ感のある少し厚手の素材。

財布


メタリック : 山羊
ゴードのメタリック加工です。
薄手の柔らかい質感。

財布    


レッキスファー
ウサギの毛皮の中で最もきめ細やかで柔らかい最高級なレッキスファーです。


シェニール
再織りと呼ばれています。
一度折った物をカットして糸を作り織り直しています。
時間をかけて作り出した織物です。